排尿の仕組みを理解しましょう

頻尿の対策や改善をするには、尿が作られて排尿されるまでの仕組みを把握していきましょう。
排尿の仕組みですが、先ず腎臓で尿が作られます
腎臓は、ウエストのあたりに左右にひとつずつあり、24時間絶えず血液を濾過しています。
その量は一日あたり、約1.5トンもの量になります。
この腎臓で不要となった水分と老廃物が尿となります。
次に腎臓で作られた尿は膀胱尿管を通ってにたまります
膀胱に300cc~400ccほど尿がたまると、「おしっこがいっぱいです」という情報が、脳の橋排尿中枢と大脳皮質に伝わります。
そして、いま排尿しても問題ないのか我慢すべきなのかを脳が判断します。
我慢すべきと脳が判断すれば、大脳皮質の働きにより尿道括約筋が収縮して尿はでません。これはです。
一方、排尿して大丈夫な時は、橋排尿中枢が排尿する命令をだし、収縮して抑えられていた尿道の尿道括約筋が緩んで排尿となります。
このように排尿はシンプルなようで、結構複雑な仕組みから成り立っています。

頻尿に効くサプリメントのランキングならこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です